「歯科衛生士総合研修センター シュミレーション研修」

  • 2018.07.19 Thursday
  • 10:43
今日も朝から本当に暑いですね…。玄関の掃除をしていたら、サウナに入ったときのような大量の汗が吹き出してきました、そして全然止まらない…。
熱中症には十分に注意して下さいね!

さて、本日は東京医科歯科大学の歯科衛生士総合研修センターにてシュミレーション実習を行います。

実際に高齢者のシムロイドを使用するそうでとても楽しみです。頑張ります(^^)


〜実習のご報告〜
本日はシムロイドを使用してプロービングの練習を行いました。「お口を開けて下さい」「お顔を少し右に傾けて下さい」などの呼びかけに反応してシムロイドが動きます。なのでマネキンよりも緊張感がでます。また、施術の録画映像を見て、自分の呼びかけやポジショニングなどの良いところ、悪いところのチェックをすることができました。

その後スキルスラボにて、マネキンを使ったプロービングの練習、人口歯石のスケーリング練習を行いました。

今日に練習がまた明日からの診療に活かせるよう頑張ります(^^)

「歯科衛生士研修プログラム 」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.07.08 Sunday
  • 08:09

おはようございます。
今日は東京医科歯科大学歯科衛生士総合研修センターで初実習です。

内容は「バイタルサイン」です。

頑張ります(^^)

「脳科学の基礎3」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.07.05 Thursday
  • 16:36

〜白質線維束の解剖概論〜

大脳白質には大脳皮質の異なる領域間を結ぶ神経軸索が集まっています。それらは連合線維、交連線維、投射線維の3つにタイプの線維束に大別されます。これらの線維結合によって異なる皮質間で情報の出入力がなされ、脳全体として正常な機能が成立します。

1 )連合線維(同一半球内の離れた皮質間を結ぶ神経線維束をいう)

帯状束
帯状回、海馬傍回、中隔野を取り巻き、皮質間の情報交換をします。

上縦束
頭頂葉、側頭葉、後頭葉と前頭葉との間に情報交換を行います。視覚や固有受容器からの情報を前頭葉に送り運動の制御に重要な役割を担っています。

弓状束
言語機能に関するBroca領域とWernicke領域とを連絡します。弓状束の障害が生じた場合、失語症は軽度ですが復唱が困難となる伝導性失語などの離断症状が生じることになります。

下縦束
後頭葉と側頭葉を結びます。詳細は明らかではありません。

上後頭前頭束
後頭葉、頭頂葉と前頭葉の運動前野を結びます。物体の識別や情動的反応に関与していると考えられています。

下後頭前頭束
後頭葉と前頭葉底部を結ぶ。前頭葉底部では鉤状束と共通の線維束となります。

 

鉤状束
側頭極と前頭葉の眼窩面を結び、情動認知や情動のコントロールに関与します。

 

弓状線維
同じ半球内で隣り合う脳回、あるいは脳回内を結ぶ短い神経線維をいいます。

 

IMG_4260.jpg

 

IMG_4261.jpg

2)交連線維
左右半球の皮質の同名領域間を連絡する線維束です。3つの系が存在し最大のものは脳梁を介する。その他、前交連と後交連があります。脳梁の損傷では左右半球間の情報伝達が阻害されることにより、失語症や書字障害はなく、文字だけ読めなくなる純粋失語や左手の失行などの離断症候が生じます。

 

IMG_4262.jpg


3)投射線維
投射線維は内包や放線冠を経由し皮質脊髄路を始めとして、遠心性線維と求心性線維があります。この線維束の障害によって運動麻痺や感覚障害が生じます。

 

IMG_4263.jpg

〜鉤状束の解剖〜
側頭極(BA38)と前頭葉の眼窩面(BA10,11,47)を結ぶ神経線維。
BA10の損傷により、抑制が効かない、反社会的行動、物事を計画的に進められない、性格変化などが現れます。

 

IMG_4166.jpg


〜鉤状束と認知症〜
認知症は、無症候段階(生物学的に起こっている)→自覚的認知障害段階(認知症テストでは問題なし)→他覚的認知障害段階(MCI)→認知症という過程があります。

〜鉤状束に関連する機能〜
エピソード記憶の低下。言葉や物の名前がわからない。

 

〜MCIの定義〜
Petersen先生の定義(1999)
・主観的な物忘れ
・年齢に比し記憶力低下
・日常生活動作は正常
・全般的な認知機能は正常
・認知症は認めない

 

2003年に追加項目
・本人や家族から認知機能低下の訴えがある
・認知機能は正常とはいえないものの、認知症の診断基準も満たさない
・複雑な日常生活動作に最低限の障害があっても基本的な日常生活動作は正常

 

〜MCIのサブタイプ〜


スクリーンショット 2018-07-05 22.11.22.png

65歳以上のMCI有病率は11〜17%
うち、正常に戻るリバート率は14〜44%
確立した診断方法はありませんが、MRI画像診断にて白質が残っているか確認し、予後を予測します。

 

〜前頭側頭葉変性症(FTLD)〜
前頭側頭葉変性症(FTLD)は限局的に脳に損傷が起こり鉤状束も関係します。

症状としては扁桃体も絡み、前頭葉症状がでます。ゴミ屋敷の怒りっぽい住人さんはおそらく前頭側頭型認知症と考えられます。

〜前頭側頭葉変性症(FTLD)の分類〜
・前頭側頭型認知症(FTD)
・進行性非流暢性失語(PNFA)

左前側頭に損傷により言語に関わる聴覚野、ブローカー野の損傷による
・意味性認知症(SD)
側頭葉の損傷により絶対に言えるものが言えなくなる。思い出せなくなる。左→意味記憶、右→相貌記憶

 

IMG_4164.JPG

また前頭側頭葉変性症(FTLD)では鉤状束のFA値が低下します。

 

ご参考までにどうぞ。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM